担保や保証人がいらない!

カードローンで保証人が不要な理由

カードローンの利用にはいくつかのメリットがある中で特に大きなポイントとなるのが保証人が不要な点です。
金融会社などでお金と借りる場合、万が一債務者が返済を行えなかった時に備えて保証人や担保が必要といったイメージを持っている人も少なくありません。利用する金融機関によってはこうしたケースも起こりえますが、カードローンでは原則として保証人や担保は必要としません。
これは消費者金融の多くが保証会社としての機能を兼ね揃えていてることが主な理由です。一般的な銀行の場合も保証会社に委託する形で保証を行っているので、同様に保証人不要となります。これには金融機関の手続きの簡略化といった目的も含まれていて、債権者、債務者の双方にとってメリットがあるのが特徴です。

保証人が不要なことで得られるメリット

保証人や担保が不要なことで得られる大きなメリットの一つがスムーズな借り入れです。契約時に保証人を立てる場合は、通常の手続きに加えて、保証人となる人の了承や書類への記入など余計な手間が掛かってしまうのは否めません。急なお金の入り用ですぐにでも用意しなくてはいけないケースではこの手続きは大きな足枷となってしまいます。その点、保証人が不要であれば早ければ数十分程度の時間でお金を借りることができるのです。
そのほかにも、周囲に知られずに利用できるのもメリットになります。カードローンの利用は疾しい行為ではないとはいえ、お金を借りるというイメージから職場や友人に知られたくないと考える人も少なくありません。保証人が必要なければ頭を下げてお願いする必要もなく周囲にバレる心配もなくなります。